2年生から始めた『そろばん』。我が子の初めてのつまづき・努力・克服

私の子供は珠算を習っています。私自身、小学校の時に習っていてとても役立ったと思っているので、ぜひ取得してほしいと思ったので子供にやる気を出させました。今、2年生で習い始めて8か月目。意外と性に合ったようで順調にできるようになり、公式には8級まで合格していてクラス内での試験では7級まで受かっていて、今は6級の練習を始めています。

そこで初めて我が子は躓いているようでした。もともと完璧主義者で1つ間違えるだけで泣くような性格なのですが、6級になって特に割り算が4桁÷2桁になり難しいようで時間内にできなかったりしては4つほど間違いとなり大きな声で泣きます。さすがに教室内では我慢しているようですが、帰り道でまたできなかった~と泣きます。

どう慰めたらいいものかと親として悩ましいところだったのですが、手の動かし方がまだつたないからだと教え、毎日弾く練習をすれば必ず早くできるからと少しですが時間あるときに少し問題を解くようにしました。本人もやる気にあふれているようで、間違ったら泣きますが頑張ってそろばんに向き合っています。

その甲斐あってか、2週間もしないうちに時間内でできるようになりました。割り算だけでなく全てです。正直、4つ間違いになっても合格ラインだしそこまで大泣きする必要はないと思ってしまうのですが、やはりその負けず嫌いがあるからこそ上達につながるのだなってまだ8つの子供に教えられました。

今では割り算が一番得意になっていました。すごい成長だなっと親ばかですが思ってしまいました。私自身もそろばんは性に合っていたのか、6級まではとんとん拍子で合格しました。しかし、5~3級はいやと言うほど落ちてしまって、何人もの同級生に抜かされてしまいました。

その時、挫折しそうになったのですが、父が問題集を買ってきて家で特訓をしてくれた思い出があります。泣きながら解いた覚えがあります。その時のがんばりのおかげで2~1級までほとんどストレートで合格してどの同級生より1番早く1級になることができたのです。

先生にもそのことは他の子を教えるうえで、よく使っていると言われました。その経験は私の中で自信になっています。だからこそ、子供のこのがんばりは今後の成長に大きな糧になると確信が持てます。まだ6級の段階ですが私自身そういう経験があるので、父がしてくれたようにまたつまづくようであれば同じように手を差し伸べたいと思っています。我が子は1年後はどの級までいっているかな?とっても楽しみです。

ずっとオイリー肌だと思っていたけど乾燥肌だったみたい

お肌の悩みって尽きませんよね。私は、中学の頃から大人になった今までニキビや吹き出物ができたり肌トラブルに悩まされてきました。皮膚科に通ったこともあります。それが大人になった今、ある方法で改善してきているのです。

ニキビや吹き出物の原因は、私なりに考えた結果、過剰に分泌している脂のせいだと思いました。おでこや鼻、いわゆるTゾーンに多く脂が分泌していました。化粧崩れも他の部分に比べて酷く、悩まされました。その為、自分はオイリー肌なのだと感じました。

お化粧品を買うようになり、美容部員の方に自分の肌悩みを聞いてもらったり、肌の水分量や油分量を計測してもらったりすると、「オイリー肌ではなく、乾燥肌です」と言われたのです。それは、ひとりのスタッフの方から言われたのではなく、複数の方に言われたのです。

夜寝て、朝起きるとベタベタに脂が出ていたのでてっきりオイリー肌だと思っていた私は驚きました。それまでオイリー肌向けのさっぱりとしたスキンケア用品を揃えていたのですが、乾燥肌と言われてからは、しっとりとした高保湿タイプのスキンケア用品に変えました。

すると、肌の様子はぐんと変わりました。以前より、脂の分泌が減って、吹き出物もほとんどなくなりました。なぜ乾燥肌なのに、脂の分泌が多かったかというと、お肌が乾燥していると、保湿しようと脂を分泌してしまうようです。

要は、お肌に水分量が足りていなかったのです。それなのに、オイリー肌だと思っていた私は、お肌をべたつかせたくないために、さっぱりとしたスキンケア用品を使い、保湿を怠っていました。そのためお肌の感想を促進させてしまい、更に脂を多く分泌させてしまっていたのです。

とっても悪循環でした。しっとりとした高保湿タイプのスキンケア用品に変えた意外に私が心掛けたことがあります。それは、とにかく常に保湿を欠かさないことです。いくら高保湿タイプのスキンケア用品を使ったところで、時間が経つと乾燥し脂を分泌させてしまいます。

なので、乾燥した状態を作らないために、乾燥し始めたらオールインワンクリームを塗ってまたお肌を保湿させました。私の使っているオールインワンクリームは、化粧水と乳液と美容液とクリームがいっしょになっているものです。このオールインワンクリームを数時間おきに塗るようになり、更にお肌の調子は良くなりました。

この方法はお化粧をしていない夜やお休みの日などにしか使えませんが、これをしてからお化粧崩れも以前より改善されました。まさか、オイリー肌だと思っていたのに、逆に乾燥肌だったとは思いもよりませんでした。

自分の肌タイプを見誤っていたために、スキンケア方法も逆効果になってしまっていました。お肌には気を使っているのに、一向に改善されない方はもしかしたらお肌のタイプを間違っているかもしれません。一度、お肌のプロの方に見てもらってはいかがでしょうか。

双子の子育ては大変だけど面白い!男女の違いを比べて見ました。

我が家には6歳になるツインズがいます。息子と娘の双子なのですが、これが最近年齢と共に男女の違いが如実に現れてきて実に面白いと感じています。初出産が双子でしたから、子育ては本当に大変でした。ただ旦那の妹が双子だったので、ありがたいことに義母が本当によくしてくれて助かりました。

義母は双子を出産後、子育て中に今で言う産後鬱の状態になったそうで、その経験から旦那に子育ての大変さを力説してくれていたので、旦那も育児にはとても協力的でした。ひとりでも十分に大変な子育て。これが全てダブルでやってくるので家族の協力は必至ですよね。

男女の双子を育てて私がまず驚いたのは抱き心地が違うということです。双子だし、しかも赤ちゃんなのですから同じものだろうと思っていたのですが、これが意外に全然感触が違うんです。やっぱり男の子の方ががっしりしているというか、女の子と比べると骨太な感じがします。

一方、女の子はやっぱり柔らかい!抱き心地が良い。そのせいか旦那は娘ばっかり抱っこしようとしていました。あとは息子の方が断然体温が高く感じましたね。いっつもポカポカしているんです。反対に娘はちょっとひんやりしていて。やっぱり女性に冷え性が多いというのは、生まれながらなんでしょうかね?これはあくまでも私個人の感想ですが。

ここ2年ほどで2人の性格の違いもかなりはっきりしてきました。単に個人の違いと言ってしまえばそうなのですが、そこはどうしても男女比で見てしまいます。6歳になって娘は結構落ち着いてきましたね。そして私のやることに興味を持つ様になりました。例えば料理、特にお菓子作りには積極的に参加するようになってきました。

娘は息子に比べてかなり食への執着心が強いというか、とにかく食い意地が張っています。ひとりでこっそり隠れてお菓子を食べていたりしています。息子の方はまだまだお子ちゃまですね。虫が大好きなので私のためによく虫を獲って来てくれます。でもダンゴムシをカバンいっぱいに入れてきてくれた時は、さすがに悲鳴を上げましたけど・・・。

最近、息子は恐竜にハマっていて、というか恐竜に憧れています。息子いわく「将来は恐竜になる!」んだそうです。恐竜の動きと泣き声を映画を見て研究し、今では自身の体を使って見事に恐竜を表現しています。

先日バレンタインデーの時に恐竜の卵の中に恐竜が入っているチョコをプレゼントしたのですが、サンシャイン池崎なみに反りかえって喜んでいました。娘は平昌五輪からすっかり羽生結弦選手に夢中です。

どんな羽生くんが好きかと聞くと「黒い服の羽生くんが大好き!」なんだそうです。試合の時の綺麗な衣装ではなく、練習着の時の羽生選手がお気に入りのようです。今は旦那を羽生くん化するべくもっか思案中。

「パパも羽生くんみたいな髪型にしなよ」とか「黒い服着たらカッコいいよ」と何とか羽生くんに近づけようとしていますが、娘が現実に目を向ける日も遠くないと思っています。今後2人がどんな風に育っていくのか、まだまだ子育ては続きますが楽しみながらツインズたちを見守って行こうと思っています。